スポンサードリンク

中途半端に迷っている状態で復縁のアプローチはしてはいけない

復縁

こんにちは。ともやです。

復縁を目指していると、自分の気持ちが分からなくなることがあります。

本当に復縁をしたいのか、本当に好きなのかなど分からなくなってしまいます。

しかしこの中途半端に迷っている状態で復縁のアプローチをすることは絶対にしてはいけません。

なぜならその行為は相手にとってとても失礼な行為だからです。

中途半端な気持ちで復縁のアプローチをすることは相手に失礼

復縁したいのか分からない、本当に好きなのか分からないという中途半端な気持ちで復縁のアプローチをすることは、相手にとても失礼です。

ただ付き合うだけだったり恋愛するだけならば試しに付き合ってみるというのもありですが、復縁は付き合っていたけれど別れてしまった上でまた付き合うということになります。

なのであなたに対して全く気持ちがない場合を除いて、相手も必ず付き合っていた頃を思い出しますし、また復縁するかどうかを真剣に考えます。

その上であなたと復縁するかを決める訳です。

なのにあなたが実は復縁したいのかも分からない状態でアプローチをするのだとしたら、それは真剣に考えてくれるその相手の気持ちを踏みにじることになります。

あなたがもし逆の立場であれば、この行為がどれだけ失礼な行為かイメージしやすいと思います。

本当に復縁をしたいのか今一度考えるべき

もし今復縁をしたいのか分からなくなっていたり、本当に好きなのか分からないのであれば今一度考えるべきです。

確かに復縁を目指すことは精神的にも辛いことですし、また孤独なものなのでこの中途半端な気持ちになることは良くあることです。

しかしだからといってその中途半端な気持ちのままアプローチをかけることは相手に失礼なのであってはいけません。

少し復縁から距離を置くなどして、それでもやっぱり復縁したいと本気で思えた時に、復縁のアプローチをして下さい。

それでは、また。

タイトルとURLをコピーしました