スポンサードリンク

失恋してブログを始めたらメリットだらけだったという話【立ち直るのにも効果あり】

失恋

こんにちは。ともやです。

僕は失恋してから2年程経ってこのブログを始めましたが、最近ブログを始めたメリットを感じることができました。

正直もっと早く始めていたらと思っているくらいです。

なので今日はそのメリットを書いていきたいと思います。

もし失恋してなかなか立ち直れないと感じているのなら、ぜひブログを始めてみて下さい。

失恋してブログを始めてみて感じたメリット

僕の感じたメリットは5つです。

自分の気持ちを見つめ直せる

1つ目は自分の気持ちを見つめ直せることです。

失恋した後というのは頭の中で色んな感情がぐるぐると回っていて、自分の気持ちが分からなくなります。

相手を恨む感情や後悔の感情、また相手と復縁したいという感情など様々です。

それらをブログを通して文字に起こすことで、自分の感情を整理することが出来ます。

考えているだけでは分からなかった自分の素直な気持ちを見つけることが出来るんです。

僕の場合はぐちゃぐちゃだった感情がブログを始めたことで、復縁も視野にいれながらいい男を目指そうという前向きな気持ちに変わりました。

失恋した原因を明確にできる

2つ目は失恋した原因を明確にできることです

ブログを始めると分かりますが、記事を書く際にはただ書くのではなく色んなことを考えます。

特に経験を書くときは当時自分がどんな気持ちだったか、どんな行動をしたかを思い出しながら書きます。

そうすると失恋した時のことをただ考えているよりも深く考えることが出来るので、より明確な失恋の原因を見つけることが出来ます。

場合によっては全然違う原因が見つかることもあるかもしれません。

気が紛れる

3つ目は気を紛らわすことができることです

失恋すると、特に悲しみが大きければ大きいほどそのことばかり考えてしまいます。

僕もそうでしたが、中には引きこもってしまう人もいるかもしれません。

本来外で友達と遊んだりすると良いんですが、なかなかそうはいきません。

そんなときブログをやっていると、色々考えながら指を動かすことになるので失恋を考え過ぎることを防ぐことが出来ます

ブログのデザインだったり文章の書き方など、考え始めたらきりがありません。

僕は失恋して復縁することに執着してしまっていたんですが、ブログを始めてからその執着が弱まりました。

同じ境遇の人の役に立てる

4つ目は同じように失恋に苦しんでいる人の役に立てるということです。

失恋すると友達に相談したりもしますが、ネットで失恋談などを調べたりします。

そこで自分と同じような経験をしている人を見つけると、心が軽くなったりするものです。

このように自分がブログを通して失恋談を書くことで、それを読んだ同じ境遇の人の役に立つことができます

これまでただ悲しくて辛いだけだった失恋が、誰かのためになるなんて素敵なことだと思います。

自分の資産になる

5つ目は自分の資産になるということです。

ブログを更新していくということは、それだけ自分の文章を書く技術や相手に伝える技術を上げることができます。

もしかしたらそのブログから収入を作ることもできるかもしれません。

そこで得た知識や技術は無くなりませんし、またインターネットが無くならない限り自分のブログが消えることもありません。

このようにブログを書くことは自分のスキルを上げたり収入源にしたりなど、大きな資産になります。

ただ、デメリットもある

このようにブログを始めることはメリットだらけですが、デメリットもあります。

それは失恋のことを深く考えるため、一時的に辛くなってしまう可能性があるということです。

失恋から立ち直るには失恋したことを考えないようにすることが大切ですが、ブログを書くとどうしても考えてしまいます。

もちろんその後で上で書いたようなメリットがあるんですが、失恋したばかりの頃は辛いかもしれません。

ちなみに僕もブログを始めてすぐの頃は、このブログを始めてから復縁したい相手がめちゃくちゃ夢に出てくるようになったという話にも書いてある通り少し辛かったです。

そんなときは失恋以外のことを書くといいかも

そんな時は失恋のことばかり書くのではなく、自分の趣味や気になることなど失恋以外のことを書くといいです。

日記みたいな内容でも全然いいと思います。

そのブログはあなたのものなので、自分の好きなように活用してみて下さい。

失恋してから始めるブログはメリットだらけなので、ぜひ始めてみて欲しい

このように失恋してブログを始めることは、デメリットもありますがメリットの方が大きいです。

実際僕はブログを始めて良かったと思っています。

始めたら必ず続けなければいけないわけでもないので、同じように失恋に苦しんでいるならぜひ始めてみて欲しいと思います。

必ずあなたの役に立つはずです。

それでは、また。

タイトルとURLをコピーしました