スポンサードリンク

振られて初めて振る側も辛いということに気付いたという話

恋愛

こんにちは。ともやです。

別れ話になると振られるのはもちろん辛いけど振る側も辛いんだという話を聞くことがあります。

正直今まで何を言っているんだ振られる側の方が絶対辛いだろと思っていたんですが、実際に振られてから振る側も辛いという気持ちが分かるようになりました。

なぜなら振るという行為は決断するべきことがたくさんあるからです。

ちなみにこの記事で話す別れは付き合っているカップルが別れる場合の話になります。

振ることを決断する大変さ

そもそも振る側には決断することがたくさんあります。

別れることを決めるということ

まずはそもそも別れることを決断する必要があります。

その原因は小さなすれ違いかもしれませんし、大きな過ちによるものかもしれません。

しかしその出来事を受けて実際に別れることを決めるのは簡単ことではありません。

特に付き合っている期間が長かったりどうしようもない問題などであればその負担はより大きなものになります。

このように振る側はまず別れることを決断する必要があります。

別れることをいつ伝えるか

次に別れることをいつ伝えるかを決断する必要があります。

別れを決めてすぐ伝えるというのは難しいことが多いでしょう。

お互いの生活スタイルによっては日を空けないといけないこともあるでしょうし、同棲している場合はさらに伝える難易度は上がります。

また相手を気遣える人であれば、相手の仕事が落ち着いている時などに合わせようとしてくれるかもしれません。

このようにいつ伝えるかというだけでも考えることはたくさんあります。

別れることをどのように伝えるか

また別れることをどのように伝えるか決断する必要があります。

電話にLine、メールや直接など伝える手段はたくさんあります。

別れ話は伝えにくいことなので電話などで済ませるかもしれませんし、誠実に別れようと考えて直接伝えるかもしれません。

場合によっては伝えることなく去ることも考えられます。

今までの付き合いや別れを伝える自分の負担、また相手の気持ちまで考えるとどのように伝えるか決めるのも骨が折れます。

別れることを決めた理由をどうするか

そして何より別れることを決めた理由をどうするか決断する必要があります。

別れを伝えれば間違いなくその理由を聞かれるので、その理由を何にするかはとても重要になります。

明らかに振られる側に悪い所があるのであれば決めるのは簡単ですが、本当に些細なことだったり一方的な理由であればそれをそのまま伝えるかは悩むはずです。

中には自分が浮気をしていてそれを隠しておきたいという場合も考えられます。

しかしどのような理由にしろ円満に別れたいのであれば相手も納得する理由をしっかりと考えなければなりませんし、理由によってはトラブルに発展する可能性もあります。

このように別れる理由を決めることは簡単なことではありません。

振る側の辛さはあまり理解されない

しかし振る側の辛さというのはあまり理解されません

やはり辛さという点だけ見ればいきなり別れを告げられる振られた側の方が辛いでしょうし、また周りからも振られた側の方が守られたりとどちらかというと振られた側の方が被害者のような構図が出来てしまいます。

特に振られた側はその後振られた悲しみから立ち直る必要も出てきます。

なのでどうしても振る側の辛さというのは理解されにくいものになってしまいます。

僕は振られたときに振る側の辛さに気付いた

ちなみに僕は3年前彼女に振られたとき、彼女が泣いている姿を見て振る側の辛さというものを初めて知りました。

最初はなんでそっちが泣いているんだと思いましたが、彼女の気持ちや振ることを決めるまでの大変さを考えた時に振られた側だけが辛いんじゃないんだと気付けました。

もちろん振られたのはとても辛かったですが、このことに気付けたことはとても良かったと思います。

僕の別れ話は僕が復縁を目指した彼女にどのように別れを告げられたかに詳しく書いてあるので良ければ読んでみて下さい。

結局振られる側も振る側もどちらも辛い

なので結局別れるときは振られる側も振る側もどちらも辛いものです。

もちろん振られた側の方が失恋の苦しみは大きいと思いますが、このときに相手の辛さも理解してあげることが別れには大切なんだと思います。

特に振る側の辛さが分からないという人は少し理解してあげて欲しいです。

それでは、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました