スポンサードリンク

復縁しても続くか不安という人は自分を客観的に見ると上手く行く

復縁

こんにちは。ともやです。

復縁の悩みの中には復縁しても続かないんじゃないかという悩みがあります。

確かに復縁は1度別れてしまったという事実がある以上、また一緒になっても続きにくいと言われています。

そんな時は自分を客観的に見てみると不安を消すことが出来ます。

果たして今の自分は一緒にいたいと思われる人間になれているか

自分を客観的に見るというのは、つまり今の自分は相手にとって復縁したいと思える人間になれているかを考えるというものです。

別れた原因は解消できているか

復縁して長続きしない1番の原因は別れた原因を解消できていないからです。

別れた理由の中には相手が悪いものもあるかもしれませんが、自分の悪いところも間違いなくあります。

その悪いところが治っていなければ例えどれだけ相手を思う気持ちがあっても長続きはしないでしょう。

またもし治っていないのであれば相手も復縁したいとは思ってくれません。

なので1度自分を客観的に見てその悪かったところが直っているか考えてみて下さい。

一緒に居たいと思える人になれているか

また相手にとって一緒に居たいと思える人になれているかも大切です

復縁したら一緒に出掛けたりすると思いますし、一緒に暮らすようにもなるかもしれません。

もしかしたらそのまま結婚することもあるかもしれません。

その時あなたと一緒がいいと思わせるだけの人になれているでしょうか。

外見はもちろん内面も大切です。

もし客観的に見てなれていないと思うのであれば、改めてその部分を磨いてみると良いと思います。

詳しくは復縁したければ自分を磨いていい男になるしかない!にも書いてあります。

相手を思う気持ちはあるか

そして相手を思う気持ちはあるかも見つめ直す必要があります。

もちろん復縁には相手とまた一緒になりたいという強い気持ちが大切になってきますが、復縁はお互いの気持ちあってのものなので例え相手を好きだという気持ちだけあっても上手く行きません。

相手を喜ばせたい幸せにしたいという気持ちがあってこそ付き合いは上手くいきます。

反対にただ一方的な気持ちしかなかったり、本当に好きなのか分からないという状況であれば1度復縁との距離を置いてみるのもいいかもしれません。

こういった内面も客観的に見ることで判断することが出来ます。

自分を客観的に見ることによって磨くべきところが見つかる

このように自分を客観的に見ることによって、自分が磨くべきところ直すべきところがどこなのかを把握することが出来ます。

もしもここは良くないんじゃないかと思えばそこを直す必要がありますし、逆にここはいいんじゃないかと思えるところがあればそれが自分の自信に繋がります。

そういったところはさらに磨いていくといいです。

このように自分を客観的に見ることは自分の直すべきところ磨くべきところを把握することが出来ます。

そうして復縁したいと思える人間へと近づけていきます。

何より復縁して続くかどうかは誰にも分からない

そして何より復縁して続くかどうかは自分も含めて誰にも分かりません。

自分がどれだけ完璧でも上手く行かないこともあれば、悪いところが直っていなくても長続きすることもあります。

このように未来はどうなるか分からないので、ひとまず今自分に出来ることを精一杯やると良いと思います。

復縁したいと思える人間になると自然と不安も消える

復縁が長続きしないんじゃないかという不安は、シンプルに自分の自信の無さが原因で引き起こされます。

なので自分を客観的に見ることによってその自信の無さがどこから来ているのかを見つけることが出来ます。

そしてもし自分に相手を幸せにする自信があればそんな不安を感じることはありません。

自分を客観的に見て、果たして相手に復縁したいと思える人間になれてチェックしてみて下さい。

それでは、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました