スポンサードリンク

復縁がどうでもよくなっても全然いい

復縁

こんにちは。ともやです。

復縁を目指していると復縁がどうでもよくなることがあります。

相手のことを嫌いになるとかではないですが、急に復縁するということに興味が無くなるのです。

しかしこれは特別なことではなく至って普通のことなので何も問題ありません

苦しいことから逃げたくなるのは普通のこと

例外もありますが、基本的に復縁を目指すというのは精神的な辛さを伴う行動です

どうして別れてしまったんだろうとか相手にもう恋人が出来ていたらどうしようなど、辛さを感じることを数えだしたらキリがありません。そしてそれらを乗り越えた先に復縁はあります。

しかし単純な話なんですが、人間は辛いこと苦しいことは嫌ですしそういったものから逃げたくなる生き物です

確かにスポーツ選手などは過酷なトレーニングに日々耐えたりしていますが、それは生活のためだったり試合で勝つためだったりと明確なゴールが決まっていますしまた感情としてもポジティブなものがほとんどです。

しかし復縁となるとそうはいきません。

そもそも復縁には何をすればいいかというものが特に決まっていませんし、またいつまで頑張ればいいといった期間も決まっていません。

感情としても復縁した時の喜びよりも復縁を目指す間に感じる苦しみの方が大きく、どうしてもネガティブな感情が勝ってしまいます。

そして何より身体的な苦痛より精神的な苦痛の方が人は遥かに苦手としています。

このように復縁を目指すということは精神的な苦しみが大きくまた人はそれに耐えるのが苦手なので、復縁から逃げたくなる=復縁がどうでもよくなるのも自然なことです

自分が前を向けた証拠かもしれない

また復縁がどうでもよくなったということは、自分が過去の恋愛に囚われずに前を向くことが出来たという証かもしれません。

それによって新しい出会いがあったり人生が良い方向に行くこともあります。

やはり過去ばかり見ている人より未来を見ている人の方が魅力的に映ります。

なので復縁がどうでもよくなったとしても全く気にする必要はありません。

復縁したいと思った時にまた目指せばいい

最後に復縁には答えもなければいつまでに達成しなければいけないといった期間が決まっている訳ではありません。

また誰かに課されているものでもなければ自分そ生活に必要なものという訳でもありません。

復縁を目指すかどうかは自分の気持ちが決めることです

なので例えば復縁がどうでもよくなって1度復縁から離れたとしても、やっぱりあの人と一緒になりたいと改めて思った時に頑張ればいいのです。

復縁に決まりはありません。

自分の気持ちに従って復縁を目指して欲しいと思います。

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました