スポンサードリンク

復縁はありえないと言われてしまった時の対処法

復縁

こんにちは。ともやです。

復縁をしようといざ告白してみても断られることは多いですが、中には相手に復縁はありえないと思われている場合があります。

この場合の復縁は通常よりも難しくなってしまうことがほとんどです。

なのでもしそれでも復縁したいと思うのであれば、なぜそのように思われているかを考える必要があります。

その理由を考えることによってどうすれば復縁できるかに繋げることができます。

ちなみに復縁を断られた場合については復縁を断られてしまっても何も問題は無いけど、考えるべきこともあるにも詳しく書いてあります。

復縁はありえないと思われる理由

復縁はありえないと思われるということはただ断られるというだけではなく、何かしらの大きな理由があるはずです。

付き合っている時に浮気をした

まず付き合っていた頃にあなたが浮気をしていた、あるいは別れた原因が浮気である場合です。

浮気をしていたということはあなたに対しての信頼が無いでしょうし、また付き合っても同じことをされると思われてしまいます。

自分が逆の立場で考えてみても復縁したいとは思わないでしょう。

付き合っていた頃に喧嘩ばかりしていた

付き合っていた頃に喧嘩ばかりしていた場合もそう思われてしまうことが多いです。

この場合そもそも性格が合っていなかったということも考えられますし、また復縁しても喧嘩ばかりすることが想像できてしまうためです。

そもそもタイプじゃなかった

またそもそもタイプではない場合もありえないと思われてしまいます。

付き合っていた頃はもちろん気持ちはあったと思いますが、タイプではなかったということは良くあることです。

この場合次に付き合う人は自分のタイプの人がいいと考えるので、復縁したいとは思われません。

大切なのは冷却期間を空けること

このような理由がある場合に大切になってくるのは、冷却期間を長めに空けることです。

具体的には最低でも半年以上は空けた方が良いでしょう。

またなぜ冷却期間が大切になってくるかというと、あなたに対する良くない印象を消す必要があるからです。

上で書いたようにあなたに悪い所がある場合、その印象が消えていない状態でいくら復縁したいと伝えても相手からしたら同じことをどうせまた繰り返してしまうと思います。

なのでこの良くない印象を消すためにも、しっかりと冷却期間を空けることが大切になります。

悪い所を直すのも忘れない

その冷却期間の最中に自分の悪い所を直すことも忘れてはいけません。

特に別れる原因になってしまった所があるのであれば最優先で直しましょう。

そうしなければ例え復縁できたとしても長続きすることは難しいです。

復縁はありえないと言われても復縁はできる

復縁はありえないと思われている場合はあなたに原因のあることが多く、通常よりも復縁は難しいものになります。

しかし全くできないという訳ではありません。

実際に復縁はあり得ないと思っていたのに、久しぶりに会ったら以前とは全然違っていて復縁することになったというケースもあります。

なので復縁したいという気持ちがあるのであれば、諦める必要はありません。

その際は冷却期間を長めに空けることと、自分の悪い所を直すことに気をつけて復縁を目指して下さい。

それでは、また。

タイトルとURLをコピーしました