スポンサードリンク

大失恋は経験した方がいいというけれど、そんな必要ないと思う

恋愛

こんにちは。ともやです。

今回はタイトルにもある通り大失恋は経験した方がいいと言われているけど、そんな必要全くないと思うという話をしていきたいと思います。

なぜこの様に思うかという結論ですが、悲しいことや辛いことは大きなストレスになるため経験しないに越したことはないからです。もう少し詳しく書かせて頂きます。

大きなストレスは感じない方が絶対いい

そもそもの話になるんですが、ストレスを感じたい人なんて基本的にいないと思います。

例えば仕事で失敗したり人間関係が上手くいかなかったりなど、日々の生活の中でストレスを感じることはたくさんあります。

こういったストレスを感じた時に喜びの感情が湧く人なんていないと思います。

中にはそういったストレスを成長だと捉えて頑張れる人もいますが、そういう人は稀ですしストレスを感じにくいだけという場合も多いです。

こういったストレス問題って基本的に避けましょう解消しましょうという話になるんですが、何故か失恋においては前向きに捉えようとする傾向が多いです。

これは失恋の悲しみで塞ぎこまないようにしよう前を向こうという考えからだと思うんですが、それにしても経験した方がいいはあまりに無責任に聞こえます。

いわゆる大失恋による悲しみや苦しみは当人しか分からないことですが、その辛さは計り知れないものです。

それこそ中には苦しみに耐えきれずに命を絶ってしまう人も居るくらいです。

大失恋はそれ程経験した人に大きなストレスを与えます。

僕も大失恋は経験しましたが、この苦しみを他の人にも経験して欲しいなんて全く思いません。

ストレスは感じないに越したことはないです。

大失恋なんて経験しなくても人は成長できる

また大きな失恋を経験すると人として成長できるという話もよく耳にしますが、そんな経験をしなくても人は成長できます。

確かに失恋を経験することによって今の自分を変えようと頑張り、結果として大きな成長を遂げる人も居ます。

ただこれは失恋がきっかけとなっているだけで、失恋の経験が活きている訳ではありません。

そのきっかけは仕事の挫折でも人間関係の失敗でも何でもいいんです。

失恋して経験できることはあくまで失恋に過ぎないので、この経験が活きるのは次に失恋した時だけです。

他に活きるとしたら、友達が失恋した時に相談に乗ってあげられることくらいです。

なので巷で言われているような大失恋を経験することによって人はさらに成長できるということは全く無いです。

それでも大失恋からは立ち直らなきゃいけない

ここまで少し否定的な話をしてきましたが、どちらにしても大失恋からは立ち直らなきゃいけません。

いくら悲しくても苦しくても生きていくには立ち直って前を向く必要があります。

なのでこの大失恋を経験した方が成長できるという言葉が響いて立ち直ることができるならば悪いことではないのかなと思います。

また痛みを知ることが出来たというのは、誰かが同じ痛みを負った時に自分が支えとなることができるという意味でもあります。

これを成長と捉えるのであれば、確かに大きな成長と考えることも出来るので。

ただ、やはり大きな失恋というのは自分の心に大きなストレスのかかる出来事ですので、自分はもちろん友達にも経験して欲しくはないと思います。

長文読んで頂きありがとうございました。

それでは、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました